印鑑の知識を広げよう - 印鑑の知識を広げよう

印鑑の知識を広げよう

印鑑は、日本社会にとってなくてはならないものです。 印鑑を持っていないと何かと困ることもあり、社会人であればだれもが1本くらいは印鑑を持っているでしょう。 印鑑には、実印、銀行印、認印、会社実印、会社銀行印、角印、など多くの種類があります。 印鑑には個人用もあれば法人用もあって、それぞれ用途は違っています。 印鑑を使い分けるのは難しいことでもありますので、きちんとした知識を持つことが大切です。

 

例えば実印。 実印は、住んでいる市町村で印鑑登録をした印鑑のことです。 実印が必要な事項には、不動産取引や諸契約書や遺言書などの公正証書の作成、自動車の購入や名義変更などとなっています。 実印が必要なときは、大体が大きなお金が動くときでもあります。それだけに実印が大変な法的効力を持っていることを示しているのです。 銀行印は金融機関での取引に使用する印鑑であり、口座開設などのときに届け出をします。 銀行印を認印として使用している方も多いようですが、お金に関係してくる印鑑なので安易に使用することは避けましょう。 このように、それぞれの印鑑によって違いがあることが理解できたと思います。 実印はとても大切な印鑑ですから、印鑑登録や印鑑証明、印鑑の購入などの注意点についての知識もご紹介しておきます。